月別アーカイブ: 2014年7月

日本経済復活のカギは風俗的マーケティングにあり!? その⑤

2010年7月から中国人観光客へのビザ発給が緩和され、この動きはさらに加速することでしょう。ほかには、2030年には50歳児の男性の未婚率が29%になるとも言われていますが、独身男性の抱える孤独感を埋める需要はますます高まることでしょう。その中でも可処分所得の高い独身男性層はターゲットとして特に有望です。

つまり、こうした経済てき余力のある層に気持ち良くお金を使ってもらえる需要を興すことが景気回復の解決策であり、同時に、今の世の中では一般的に経済的弱者である若者や女性にお金が流れるシステムを創りだす必要があると考えます。

風俗の中でもデリヘルは参入障壁が低い商売だと説明しましたが、そのれ経済面と法制面からです。つまり、小資本で開業でき、届出制のため行政手続きも簡易であるということです。その一方で、風俗業を始める、風俗で働くというのは、他人には言いづらいことです。つまり、精神的には参入障壁は高い商売です。

しかし、風俗そのものではなく、その優れたビジネスモデルやノウハウを活かした商売、つまり、風俗的マーケティングを応用した商売は、雇用の創出と消費拡大を同時に叶えられる有望な業種であると僕は思います。