月別アーカイブ: 2015年1月

ラブホ発明王が福島を救う その5

原田さんがイメージしたのは雪国の子供たちがつくる「かまくら」だった。大きな半球の構造物にアーチ型の入り口と窓を開けて、カタログで見つけた毛足の長いクロスで包み込んだ繭のようなかまくらをすべての客室に作り、その中にベッドを設置した。

今でも忘れないのですがオープンは8月13日午後10時でした。看板に灯をともしたら10分で満員になりました。みんな泊まりで、朝になってもすべての駐車場にクルマがとまっているのを見ていたらホロッときましたね。それからは連日満員、経費節約のため実家から両親を呼んで、タダで働いてもらったりしたから儲けは年末に目標の3倍になりました。

 パステル花は評判になり、原田さんにはラブホテルのデザインと内装の仕事が舞い込むようになってきた。