ラブホ発明王が福島を救う その7

このシステムを応用すれば放射性物質の除染が可能なんですよ。いまやっている除染は基本的には放射性物質をただ高圧の水で散らしているだけなんです。でも私の方法は水を循環させられるので、その間にゼオライトのような除去物質を設置すればキチンと放射線量を減らすことが出来るはずなんです!

ラブホテルのデザインでも発明でも、考え始めれば何時間でも寝ずに熱中できるという現在73歳の原田さん。もしかしたら今でもラブホテルの受付にたつこの人物こそが福島を救うキーパーソンになるかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です